彼女の姉が風俗嬢だった...

好きだからこそいいんですよね

風俗は大好きなジャンルなんです。その気持ちがあるので、基本的にいつも前向きな気持ちで楽しめているんじゃないかなって思っています。それに女の子任せにするんじゃなくて、自分も前向きな気持ちを持って楽しむことが大切だって分かったんですよ。確かに女の子が何をしてくれるのかこそ、風俗の醍醐味だって気持ちも分からない話ではないんです。でもそれだけじゃないのもまた、事実なんですよね。だから風俗では相手だけに任せるのではなくて、自分なりにいろいろなことを楽しみたいって思っているんです。それだけでもとっても楽しい時間を過ごせるというか、やっぱり気持ちがこもると楽しい時間を過ごせるってことなんですよね。その事実に気付くことが出来たので、自分は風俗ではいつも前向きな気持ちで頑張るようにしているんです。前向きな気持ちがあれば、それだけで自分の頭の中でいろいろな補正がかかって、楽しいなって気分になれるものなんですよね(笑)

下っ腹フェチなのかもしれない

下っ腹フェチなんてこの世に存在するのか分からないんですけど、少なくとも自分は風俗嬢の下っ腹が好きなんですよ(笑)弛んでいるという訳じゃなくとも、やっぱり少しは肉付きが良い部分じゃないですか。モデルクラスのスレンダーな風俗嬢以外、内臓を守るって意味もあって多少はお肉が付いている部分です。その部分がとてつもなく色っぽいというか、自分なりにいろんな気持ちになるんですよね(笑)特に最後、その下っ腹にかけるのが好きなんですよ(笑)あの部分は別にセクシーさを感じさせる部分ではないと思いますし、これといってそこまでの何かが待っている訳ではないとも思うんです。でも自分の場合、そこに大きな魅力を感じるとあって、風俗で遊ぶのであれば女の子の下っ腹の存在には注視してしまうんですけど、そんなフェチの自分でさえも風俗嬢たちはちゃんと受け入れてくれるじゃないですか(笑)それもあって、風俗の世界にハマりつつあるんですよね。