彼女の姉が風俗嬢だった...

慣れが生む風俗嬢との間合い

そろそろ風俗にも慣れてきました。慣れていないとどうしても相手との距離感の取り方や、自分の意志をどのように相手に伝えればよいのかも分かりませんでしたけど慣れてくるとそんなに意識するようなことじゃないというか、特に難しいことではないってことに気付くようになりました(笑)何でそんなことに悩んでいたんだろうって思うのは日常茶飯事と言うか、風俗以外のことでもよくある話ですけど、風俗で思ったのは相手は普通の女の子ではあっても、あくまでも「お客にサービスしに来た女の子」なんです。こっちはお客であって合コンや街コンのように対等な関係ではないんです。だから緊張する必要はないんですよ。むしろそこでこっちが緊張してしまうと女の子としても相当やりづらいんじゃないのかなって思いますよね。だから名古屋のデリヘルでは自分がお客側だってことを理解して、相手とフランクに接することによって、風俗嬢との間合いもより近付いていくんじゃないのかなって。

理屈じゃない。それが風俗なんですよね

理屈じゃない世界、それが風俗なんじゃないのかなって思うんですよ。だって風俗ってとっても面白いのはもちろんですけど、男の本能を満たすためのものでもあると思いますので、細かい理屈でいろいろと考えていても仕方ないんじゃないかなという思いと、どれだけ細かいことを考えても女の子と楽しんでいるうちに細かいことなんて次第に忘れていってしまうんじゃないのかなって思うんですよ(笑)プレイが始まる前には「今日の風俗では何をしよう。あれをしようかな」とか細かいことを考えているとしても、いざ風俗嬢とご対面したら、そこからはあんまり細かいことを覚えていないってシチュエーションもかなり多いんじゃないのかなって思うんですよね(笑)まさに男の本能というか、あんまり深く考えていない状況というか。でもそれでも良いのが風俗の魅力なんじゃないのかなと思うんですよ。細かいことを抜きに、男として満たされたいという欲求を発散出来るんです。